買い物かごを見る
一覧に戻る


さようなら丸三鶴屋(3の2)*老舗との名残惜しむ声*郊外大型店と競合*売り上げ減少止まらず
【写真説明】1950年代から本館入り口に掲げられている丸三鶴屋の看板。銅製で表面は黒ずみ、約40年の重みを感じさせる
掲載 1996/09/01



この写真を部屋に飾ったり、アルバムにはって楽しむなど、個人的な鑑賞のためにプリントサービスをご希望の方 写真購入の申込み

この写真を会報や出版物への転載、展示、放送などでの利用をご希望の方 著作物利用のお問い合わせ