買い物かごを見る
一覧に戻る


<時を訪ねて>1847*昆布と明治維新*鹿児島(2の1)*薩摩藩潤した“立役者”
【写真説明】鹿児島湾(錦江湾)の向こうに横たわる大隅半島の山並みから朝日が姿を現し、港を照らす。ツルのくちばしのような湾の地形から「鶴の港」と呼ばれた山川港は天然の良港。ここから最大の輸出品だった昆布が琉球方面に運ばれた
掲載 2019/01/20



この写真を部屋に飾ったり、アルバムにはって楽しむなど、個人的な鑑賞のためにプリントサービスをご希望の方 写真購入の申込み

この写真を会報や出版物への転載、展示、放送などでの利用をご希望の方 著作物利用のお問い合わせ